スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

三十八歳

三十八歳・・・これは、宮澤賢治の没した歳である。

若くして亡くなった方だったんですね・・・。

年譜を眺めていたら、三十三歳から身体の衰弱が始まっている。

そして三十六歳にして、有名な『雨ニモマケズ』を手帳の中に書いている・・・。

そんな背景を知って『雨ニモマケズ』を読み返してみると、何だか違う側面が見えてくる。

「雨ニモマケズ
 風ニモマケズ
 雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
 丈夫ナカラダヲモチ」

という始めの部分が、賢治がものすごい憧れをもって書いているんじゃないかという気がしてくる。

私自身、ひどい体調だった時には、夏の暑さや冬の寒さがものすごく身に応えた。

盛夏の頃や、厳冬の時に亡くなっていくお年寄りの気持ちが、痛いほど分かった。

気温や天候・・・そんなものが変わるだけでも自分の体調がひどくなり、今にして思えば、本当の重病人だった。

賢治も、そうだったんじゃないだろうか。

だからこそ『雨ニモマケズ』を手帳の中にしたため、自分にはないものを全て書いて、強く憧れた。

実際、最後に「ソウイウモノニ ワタシハナリタイ」で締めくくられているし・・・。

反対からいえば、賢治は『雨ニモマケズ』に書かれている立派な人とは、全く逆の人物だったという事になりますよね。

少なくとも、病床にあった頃は。


そんな事を書いていたら、ちょっと似たような事例を思い出した。

「健全な精神は、健全な肉体に宿る。」

という言葉があるが、実はこの言葉の原典は、ローマの詩人ユウェナリスの

「健全な精神が、健全な肉体に宿ればいいのに。」

というものだったという。

つまり、健全な精神と健全な肉体を、一緒に持ち合わせている人がいかに少ないかを憂いている言葉だったと。

それが、イギリスの哲学者ロックによって間違った引用をされてしまったらしい。

全く反対の意味になってしまった。


『雨ニモマケズ』の中に書かれている人も、そういう見方をしてみると、実社会にはいるはずもない人という事になりますね・・・。
line

comment

Secret

No title

宮沢賢治とニニギの尊は仲が良いんです(笑)。なんと宮沢賢治はニニギの命の童話を書いているんです。「ペンネンネンネンネンネンネネムの日記」です。このことは私しか知りません。賢治は夢でこの童話を見ました。それで書いたのですが、じぶんでもわけがわからなかったのです。だからどんどん書き換えて、「グスコーブドリの伝記」に仕上がりました。でも私はネネムが大好きです。ネネムとはニニギのことです。ニニギは自分のことを「ににみ」と言っていました。私はににみとは仲が良いので、なんでも知っていますよ。

タオさんへ

ニニギである「ににみ」と仲が良いんですか?
もしかしてヤバい人・・・?
line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。