スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

希望

私は病気を患ってもう長い事になるのだが、何とか病を治したくて、病気に関するいろいろな本を読んできた。

自分の病気に関してあまり触れたくないので、そういうたぐいの本に関しては書かないつもりだが、そうやって勉強すればするほど、自分の病気がいかに治りがたく、治ったとしても再発しやすいかを嫌というほど認識させられるだけだった。

だが、最近少し希望を持ってもいいと医者から言われた。

私のようなタイプの人は、四十代ぐらいから治り始めていく人が多いらしい。

患者さんに多く接している臨床医がそういうのだから、信頼していい情報だと思う。


治る・・・。

治るってどういうことだろう・・・。


朝、起きる事ができる。

朝食を作れる。

その片付けができる。

洗濯をして干す事ができる。

家の中を掃除できる。

本を読んだり、裁縫をしたり、趣味をする事ができる。

夕方には、洗濯を取り込んで、たたんでしまえる。

夕食を作れる。

その片付けもできる。

夜になれば、眠る事ができる。

そして何の制約もなく、時には家の外へ出かけていくことができる。

自分だけ重力の違っている星に住んでいるような、体の重さがなくなる・・・。


なんだか想像つかないな。

あまりに療養生活が長いと、そういう普通の人が当たり前としてできる事を、自分がやれるようになるだなんて。

信じられないような気がする。

でも今すぐそうなれるわけでもなくて、だんだんに、それこそできたと思ったらまたできなくなるような波もありながら治っていくらしい。


ほとんどあきらめかけていた希望に、わずかな明かりが灯った。
line

comment

Secret

No title

月野さん、こんばんは。
希望の明かりが灯って、よかったですね。
私も「普通の人が当たり前にできること」がなぜ自分にはできないのか、かなり悩んできました。
きっと病気についての知識を増やすことよりも、「治る」って信じることの方が、ずっと大切なことなんでしょうね。

あと、以前書いた「なぜ女でありながら、女を排除した世界が好きなのか」の答え、ブログにちょこっとずつUPしてます。
「JUNE」カテゴリに入っているので、よかったらお暇なときにでも読みにいらしてください。

月ノヒカリさんへ

病気の本を読んでいると、病気を「治す」ことよりも、
「病気の影響を少なくするために、生活の中で工夫すること。」
「自分にとっていい時間を過ごせるために、できる事をする。」
の方が重要だという事が、くり返しくり返し出てくるんです。

また私も、「治る」という事より、現状の自分をいかに受け入れ、絶望せずにやっていくか・・・つまり「いかに生きるか」という事を考えていった方がいいほど長い患いになっているので、そういう考え方をするようになっていたんです。

そこへ突然、降って湧いたかのような医者の言葉。
正直、少し戸惑いました。

でもこれは、いいニュースですよね。
「治る」という可能性があるんですもの。
中途半端な体調で、妥協して生きていかなくてもいいのかもしれないんですもの。

本当に治るまでにはまだまだ時間はかかりそうですが、その可能性を少しでも信じて、やっていこうと思います。


月ノヒカリさんの「JUNE」カテゴリは、ざっと読ませていただき、なるほどと思う所がありました。
頭の中をもうちょっと整理して、またコメント書かせてもらいますね。

再び

再び失礼します。
月野さん、この度はブログにお越しいただき、またたくさんのコメントもいただき、ありがとうございました。

>「病気の影響を少なくするために、生活の中で工夫すること。」
>「自分にとっていい時間を過ごせるために、できる事をする。」
本当にその通りだと思います。
「治す」ことよりも、「今自分にできること」を少しずつ、積み重ねていくのは大事なことでしょうね。

ただ、私は「ずっと今のまま」で現状維持、というのも辛いものがあって、何か突破口がないかと探してしまったり、するんですが……。
それもあって、私はブログを書いたりしてるんですが。う~ん……。

ともあれ、月野さんが少しでも快方に向かうよう、お祈りしていますね。

月ノヒカリさんへ

> ただ、私は「ずっと今のまま」で現状維持、というのも辛いものがあって、何か突破口がないかと探してしまったり、するんですが……。

「病気を治すこと。」と、「病気を受け入れること。」は、相反する感情のようで、その二つの考え方を両方一緒に持つのは、なかなか難しいです。

でもこれも本に書いてあった医者の言葉なんですが、「気ままに行動すれば、気分は安定する。」というのを信じて、その時自分が楽だ、楽しいと思える事をやっていれば、おまけとして「病気が治る」というのもついてくると考えてます。
(もちろん人に迷惑をかけない程度の気ままですが。)

なので月ノヒカリさんも、ブログを書いたり、自分のやりたいと思う事をできる範囲でやっていけば、きっと体調も良くなっていくと思いますよ。

肌の事を含め、月ノヒカリさんの回復を、私も祈ってます。
line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。