スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

病病介護

老人が老人を介護するのが老老介護ならば、我が家の場合、子供が風邪をひいて病人になると、それの介護をする私も病人なので、病病介護となる。


老老介護も大変だろうが、病病介護もことのほか大変。

まず子供が熱を出してフーフー言ってるので、自分の体調を無視して全て動かなければならない。

病院へ連れていき、食べられそうな食事の用意、または買ってくる。

水枕を準備して、度々熱を測り・・・そういう細かい仕事は、健康だったら何の苦にもならないかもしれない。

でも私の場合、一つ一つの行為が、重い重いバーベルを持ち上げながら動くような覚悟でやらなければならないのだ。

それでも子供が重症の時は、気を張り詰め、何とか動ける。

が、子供の病状が軽くなってくると、張り詰めていた気がゆるみ、一気に私が倒れる。

・・・そんな事を、一人目の時も、二人目の時も、何度も繰り返してきた。


女の子より男の子の方が体が弱く、特にうちの息子はしょっちゅう風邪を引くので、他の同級生のように、「学校を休んだ事なんて一度もないっ!」なんて事にはならない。

学校側も、丈夫な児童と、健康な保護者がほとんどなので、我が家に対する風当たりは強い。

特に学校に欠席を連絡する方法が、電話でしてはいけない事になっているので、その事に対してもものすごい負担だ。


それでも・・・それでも、何度も何度もそういう苦しい体験を繰り返すことで、力を抜ける箇所、何とかやっていく術という物を、少しずつ身につけてきた。

学校に連絡する時は、欠席は二日にする事。

子供の事をすべて自分がやってあげるのではなくて、水をくむ、薬を飲む、必要な物を取ってくるなどは、体調に合わせて子供にやらせても大丈夫な事。

子供のために、自分の全てを犠牲にしなくてもやっていける事。

そういう小さな事を、血のにじむような体験から、少しずつ学んだ。


今回、息子が普通の風邪よりも少し重い風邪にかかったが、何とか私は倒れないで乗り越えられそうだ。

ひどくひどく疲れはしたが。

まだ完全に治った訳でもないし、娘の方に移ったような気配もある。

なので完全に気を抜く事はできないが、何とか乗り越えられると思う。


ただ、こんな家族に対する学校側の対応が、やはり心に引っかかる。

お見舞いの手紙を書いてくれるとかいうなら分かるが、みんな心配しているから、少しでも学校へ出てこいなんて、普通に考えたっておかしくないか!!
line

comment

Secret

No title

電話で欠席連絡が出来ない…の? 学校側が何を考えてるのか解りません…

バリアフリーとか、平等な社会といった事を教えるべきところが、弱者の立場にいないのはどうかなぁ。学校、疑問に思えよと突っ込みたいんですが。

平等というのは本来弱者に合わせるということを念頭に置かないかい? ボランティアに参加してるとぶち当たる疑問なんだけれども。現在では大多数に合わせるという意味になってる気がするんですが。

学校の現場にいる人から、親も学校も考え方がおかしいと、憤った話は聞いてるんです。でも「それが普通だ」という人が多いということなんだろうな。一般から見ると、憤っている我々がズレてるんだろうか…

そんな世間だったら、私はズレてた方がいいなぁ。

かねかねさんへ

欠席の連絡をする時、最近のこちらの方の学校では、欠席の理由をノートに書いて、それを近所の児童に担任まで持っていってもらうというやり方なんです。

でも、これもなかなか負担で・・・。
具合が悪い中、布団から起きて、着替えて、近所の家までお願いしに行くというのは、朝の早い決まった時間にまでしなくてはいけないので、苦行のようです。
それに何日にもなると、ずっと同じお友達にお願いするのも申し訳なくて、もっと家が離れた人のところまで行ったりしなくてはならないし・・・。

今回、不満をずっと溜め込んでおいていつか爆発するよりも、少しずつでも窮状を訴えていった方がいいと思い、ノートにその事を書いてみました。
そうしたら、何と電話での連絡でもいいとの回答をもらいました。
でも、我が家だけそういう特別ルールでもいいというのなら、いっそのことメールでの連絡にしてもらった方がさらにいいなぁ・・・なんて思ってます。
だけど、さすがにそれは図々しすぎるかな(笑)?

どう答えるか、現在思案中です。
line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。