スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

『四角い虫のはなし』

このお話は、空き箱を集めるのが好きな主人公の女の子・ミドリの空き箱を、青く光る四角い虫が、食い荒らしてしまうというもの。

穴だらけになった箱は、女の子が最後燃やしてしまうのだが、何となく何の用もないのに箱を集めちゃう心理って分かるような気がするなぁ。

私の場合、小学生の頃に、カレンダーを集めてました。

使い終わったカレンダーの日付の部分は切ってしまい、その上の部分の絵や綺麗な写真なんかが捨てるのが惜しくて、ずっとためてましたね。

父親の背広を入れる平らで大きな箱をもらってきて、そこにずっとずっとそのカレンダーを入れてました。

当時、紙のカレンダーがもちろん主流でしたが、たまに写真を印刷したセロフ ァンのようなカレンダーもあったりして、それは特別な宝物でしたね。

そうやって何年も何年もためているうちに、紙のような厚さのないものでもだんだん膨大な量になってきて、背広の箱に入りきれなくなってきてしまいました。

「この膨大な量のカレンダーを、何に使おうか?」

中学生ぐらいになって、今度はそれを使う事を考え始めました。

まず思いついたのが、空き箱の周りにそれを張り付けるというもの。

家にある空き箱という空き箱に、絵柄を考えながら張り付けて回ったのですが、これは家族にも好評でしたね。

ただの空き箱が、すごく素敵になるって。

でもそれだけでは、使いきれる量じゃない。

今度は封筒を作りました。

これも絵柄の配置などを考えて、やたらめったら作ったのですが、量が多すぎて大人になるまで使ってましたね(笑)。

その一風変わった封筒を、一人の友達は褒めてくれました。

後のもらった人はどう思ったやら・・・。

そんなこんなで、長い時間をかけて、やっとのことで使い切りました。


箱と同じ紙類だったけれど、四角い虫は現れませんでしたね(笑)。
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。