スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

シェイクスピア劇場

私の中学の時のシェイクスピア熱を支えたものの一つが、このシェイクスピア劇場だった。

イギリスのテレビ局がつくったものを、NHKが、毎週夜遅くに放映していたのだ。

原作にかなり忠実だったので、原作と合わせて見ている者にとっては、本当に面白かった。

『ハムレット』、『リア王』、『マクベス』などなど・・・毎週毎週、とても楽しみにしていた。

ただ放送のやり方として、最初の週にある劇の吹き替え版を放送したら、次の週は、同じ劇の字幕版をやるようにしていた。

なので、同じ劇が、吹き替えと字幕でどう違くなるのかを毎回見比べることになったのだが、これが大違い!

一言で言ってしまえば、字幕版は情報量が少なすぎる!

字幕の場合、短い時間で読めるように、時数に制限があるため、劇のセリフがものすごく削られる。

吹き替えだったら、すごくたくさんの事を言っていたのに、字幕ではその30%位だった事もあった。

俳優さんの本物の声を聞きたいという字幕支持派もいるが、私はその経験から、外国映画を見るならやっぱり吹き替えがいいなぁ・・・と思うようになった。

だって情報量が少ないのは、やっぱつまらないんだもん。
line

comment

Secret

鱗ぼろぼろ

そうか! 吹き替えの利点ってそこにあったのね。
「目から鱗」ぼろぼろって感じです。
私は役者の演技が観たい派なので「字幕と生声」重視。
(私のブログの文章でたぶん納得いただけると思います)

あ、初コメントいただきまして有難うございます!!

自前の方にもコメントも返してみました。

かねかねさんへ

へぇぇ、かねかねさんは「字幕と生声」派だったんですか。
まあ確かに、声優さんの声と俳優さんの生声が、あまりにかけ離れていると、これはちょっと…って思う事もありますもんね。

こちらの方にも初コメントありがとう!
いつまでネタが続くか分からないけど、無理しない程度にやっていきたいと思ってます。
line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。