スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

藻類「ハテナ」

近年、筑波大学の井上勲特命教授が不思議な藻類を発見した。

その生物は、葉緑体を持つ個体と持たない個体に分裂する「半藻半獣」で、世界で初めて他の藻類から葉緑体を取り込む性質が見つかった藻類なんだそうだ。

陸上植物の祖先は、この藻類と同じように葉緑体を細胞内に取り込むことで進化を遂げた可能性があるそうだ。

確かに生物の始まりをひもとくと、もとの細胞にミトコンドリアとスピロヘータ(べん毛みたいなバクテリア)が合体した頃までは、動物細胞も植物細胞も分化していない。

その後、酸素を作るシアノバクテリアが細胞内に入って葉緑体になったものが植物細胞へと進化。

それ以外は動物細胞へと進化。

この葉緑体が入ったかどうかが動物と植物の分かれ目なんだから、それを行う生物が見つかったとなるとすごいよね。


で、この教授が発見したんだから、この藻類につけた「ハテナ」という名前も、おそらくこの人が付けたんだと思う。

「半藻半獣」で不思議な生物だから「はてな?」という訳かいな?

生物の面白さもさることながら、この命名も全くもって面白い。

「はてな?」と言われて「それって藻でしょ。」なんて返せる日が来れば、もっと面白そう。

今はまだ知られてないけれど。
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。