スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

老人とテレビ

タイトルは『老人と海』のパクリってわけじゃないんだけど、最近隣りの部屋にいる私の親がテレビ漬けになっている。

何でも老人になってくると睡眠時間が減少するとか言って、夜中はほとんどずっと電灯とテレビが点けっぱなしだ。

昨年の秋にテレビを買ってからというもの、ずっとそんな調子。

部屋をのぞいてみると、電灯とテレビだけじゃなくって暖房まで入れっぱなしで、それでグーグー寝ているからちょっとムカつく。

普段は節電しろ、節電しろってうるさいくせに。

注意するのも馬鹿馬鹿しいから、何をやってようとそのまま放っておいた。

そうしたら去年の冬くらいから、どうも体がいろいろ不調になってきたようだ。

今までは毎日のように出かけていたのに、去年の冬はあまり出かけなくなった。

歳も歳だから当然かもな・・・と考えていたけど、やっぱり違うような気が最近してきた。

不夜城のごとくテレビと電灯の光を浴びて、うとうと眠るだけなのが、やっぱり不調の原因のような気がする。

本人は、夜中目を開ければいつでもテレビが点いていて極楽気分のようだが、健康な人だってそんな眠り方を半年以上も続ければ、やっぱりどこかがおかしくなってくるよね。

今日、それを本人に話してみたのだが、どこまで理解したのやら。

とりあえず今夜は、電灯とテレビは消えていた。

でも夜中に目が覚めて、またテレビを点け始めなければいいんだけど・・・。


これを読んでいる老人の皆さん、寝ながらテレビは万病の素ですよ。

私は、やめた方がいいと思いますけどね。
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。