スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

着物・きもの・キモノ

最近ブログを放置しときっぱなしだなぁ・・・と思い、たまには何か書いてみることにしました。

本もね、読んでることには読んでるんですが、それをアップする気にはなれなくて・・・。

なので、昔から考えていたことをちょびっと(笑)。


えーと、着物のことを書きたいと思います。

着物と言っても和服の着物のこと。

私の住んでる地域は、あまり知られてませんが全国の中でも着物の購入率が高いところなんだそうで。

確かに私も若い頃、振袖ではないけれど高い訪問着を買ってもらいました。

ちゃんとした作家さんが作った着物で、名前まで入っているもの。

値段が高いだけあって華やかなのに上品で、若い頃着付けてもらったときは、それはそれは綺麗に着付けてもらえました。


ところが、結婚してから着る機会があったら、同じ着物なのにものすごく地味にしか着せ付けてもらえなかったんですよね。

何でも着物というものは、未婚か既婚か、さらに子供がいるかいないかで、着付け方にものすごく差をつけるものなんだそうで。

そんなこと知りもしなかったので、美容師さんの

「結婚はされてますか?」

という問いに、正直に答えてしまって馬鹿をみました。

自分の持ってる服の中で一番高いもので、本当に本当に一張羅だったのに、結婚してるというだけで全然華やかにしてもらえなくてがっかりです。

だいたい着付けをするというだけでお金まで払ってるのに、出来上がりが未婚の時とは雲泥の差。

歳だってそんなに変わっていなかったのに。


正直、そんな決まりがあるからどんどん着物はすたれていくんだよって思いましたね。

洋服だったら、そんなことないでしょう?

何歳になっても、華やかにしたい時はいくらでも華やかにできる。

なのに着物は結婚した途端、どんな場合でも、どんどん地味にしなくちゃいけなくなる。

日本人の男性の支配が着るものにまで及んでるようで、正直不快です。


今は格安着物も出てきてるようで、風潮が変わってきているかもしれないですが、どんなもんなんでしょうね。

伝統的なものだから、根っこの部分はあんまり変わってないような気がするなぁ。


あ、あと着物は着てしまったら横になれないのも、難点ですね。

病人には、そこからして縁がなくなってしまう。

その点、洋服ってすごい気楽です。

ただ着物屋さんからのダイレクトメールを見るたびに、自分の着物も思い出したりして、ちょっと切ない気分にさせられます。。。
line

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントしてくださった方へ

お褒めいただき、ありがとうございます。
line
line

line
プロフィール

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。