スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

いつも鞄の中に本が

小さい頃から、私はいつも本を持ち歩く人だった。


小学校、中学校、高校、大学と図書館をかなり利用したので、鞄の中にはいつも教科書以外の読む本が入っている状態だった。

家は既に家族の買った本が山のようにあり、私が本を買っても置く場所なんか無いような状態だったので、本を読んでも保管しないで済む図書館は、とてもありがたい存在だった。


本を持ち歩く習慣は、読書量が減ってきた社会人になっても変わらなかった。

バッグの中に本が一冊入っていると、それだけで安心できた。

学生時代のようにしょっちゅう本が変わる訳でもなく、同じ本がかなりの間入っていたりしたが、まるで精神安定剤かお守りのような感じで持ち歩いていた。

でも、その持ち歩いていた本のために本当に救われた事が一度ある。



高校の時私の入っていた部活は、部員同士の仲が結構良かった。

そのため社会人になっても、部員仲間に声をかけ、都合の会った者同士で出掛ける事がよくあった。

ある時、私を含めて四人の仲間で出掛ける事になった。

行先は県外の行楽施設。

到着するまでにかなりの時間がかかる場所だった。

そのため、そこへ行くための電車の中で落ち合う事になった。


当日、私は一番始めからその電車に乗っていて、だんだんと仲間が乗ってきた。

出会うと挨拶から始まって、おしゃべりに花が咲く。

そんないつものお出かけだったのだが、最後の四人目の仲間が乗ってきた時から雰囲気が激変した。


四人目の人が、私以外の人に挨拶をしたのに、私にはしなかった。

そして、私を無視しておしゃべりを始めたのだ。


今思い出してみると、彼女は学生時代から私の事が気に入っていなかったみたいだ。

しかし部員同士の仲の良い部活だったので、私に対する敵意を隠していたようだ。

だから私に分からない所で、私に対する嫌がらせをしていたものの、公に攻撃してくる事はなかった。

私は私で彼女がそんな人だとは知らなかったので、何か変だと思う事があっても、鈍感な事にそれが嫌がらせだと気付かなかった。


でも社会人になり、彼女は攻撃を始めた。

その第一弾が、その出掛けた時の無視だったのだ。

そして、その時の残りの二人の態度がまたひどかった。

私はそんな態度をされるなんて露ほどにも思っていなかったので、全くの無防備だった。

なのでどうやら私の方が形勢が不利なのを感じ取ると、二人とも彼女に同調して、私を無視し始めたのだ!

それまでは普通に喋っていた人達だったのに!!


突然のシカトに、私は最初戸惑うばかりだった。

全く予想もしていなかった展開。

しかも電車はボックス席で、一人逃げたくても逃げられないような状態。

どうすればいい?!


その時思い出したのが、バッグの中の小さな単行本。

そうだ、本があった!

私はおもむろに本を取り出すと、その世界に集中した。

外界と自分を遮断するために・・・。


目的の駅に着くと、私はそこから帰ることにした。

駅から外にも出ずそのまま帰った電車内で、私はとても悲しかった。

と同時に、本を持っていて本当に良かったと思った。

本を持っていなかったら、もっともっと悲惨な気持ちになっていただろう。



それからというもの部員同士の集まりがあっても、その攻撃をした人がくる可能性がある時には、私は行かないようにした。

もうあんな思いをするのは真っ平ごめんだ。


でも最近は、彼女に対する怒りの方が勝る時もある。

彼女は、「気に入らない。」という理由だけでいじめをする人種。

私から、部の集まりの喜びを取り上げた張本人。

出掛けて行って対決してやろうか、こちらから攻撃してやろうか。


正直、自分にそんな事が出来るかどうか分からない。

今は体調もままならない身で、そんな事をするのは愚かかもしれない。

それでもこの心の傷の疼きは、どうにもできない。


特に、ろくろく本も読めなくなってきている今は・・・。
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。