スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

悪意のある人、優しい人。

少し前のこと、あるお店の出入り口で白髪の老人とすれ違った。

ただすれ違っただけなのに、すれ違いざまその老人が私に向かって「ババア。」と言った。

あまりに突然の事でびっくりしてしまって、何も出来なかったが、後からだんだん怒りがわいてきた。


はっきり言って私より何十年も年上の老人に、なぜババア呼ばわりされなきゃいけないのか!

全く面識もない人で、ただ店ですれ違った人に、どうしてそんな侮辱的な言葉を言われなきゃならないのか!!

今考えると、その老人の後を追いかけて行って車のナンバーだけでも見ておけば、少しは気が済んだかもしれない。

でもその時は、本当にびっくりして、突然の悪意に何もする事はできなかった。


それからしばらくの間、ひどく体調が悪くなった。

私が何もしてないのに、悪意を向けられた事は学生時代に何回かある。

そんな昔の事まで思い出されて、どうにもこうにも憂鬱になってしまった。



それがやっと収まってきたここ最近、用事でまた違う店に出掛ける用があった。

用事のあった担当の人は他のお客さんと話中で、ちがう店員さんと話をした。

いつもの担当さんは、話をしていても最後に何だか少ーしだけ嫌な気持ちが残る人だったのだが、代わりの店員さんはものすごく優しい人で、私の話を良く分かってくれた。

担当でもないのに、とても親身になってくれて、嬉しかった。


正直あまり外部の人と触れ合う機会がないので、こういった店員さんとのやり取りが、私の中では精一杯の社会とのふれあいとも言える(ちょっと情けないけど)。

そこでとても優しい人に出会えて、凝り固まっていた心がホッとほぐれたような感じがした。

翌日は、久しぶりに少しだけ遠くのドライブにも出掛けられた。


心と体はつながっているというけど、本当だね。

今日はまたひどい体調に戻っているけれど、あの日少し遠くまで行けたのは、あの優しい店員さんのおかげです。

病気の事は隠しておきたいから、直接言う事は出来ないけど、ここで感謝の言葉を述べておきます。

Yさん、どうもありがとう。
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。