スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

表現力の無さ、読解力の無さ

何年か前に、ある芸能人のサイトの掲示板を読んでいた事がある。


十件の書き込みを読んで、「ん?」と思った。

二十件読んで、「おや?」と思った。

三十件読んで、「まさか。」と思った。


百件まで表示される掲示板だったので、そこから最後の百件までパーっと読み通した。

そして愕然とした。


百人の書き込みを読んでも、その掲示板には基本的に、

「大好きです。」
「頑張ってください。」
「応援しています。」

の三種類の文章しかなかったのだ!


人によって多少の表現の違いはあった。

でもそれ以上の言葉はない。

自分が好きな作品とか、どんな所が好きだとか、そういった他の人が読んで興味を持つような事が何も書かれていない。

そのサイトの芸能人が読んだって、みんな同じで、どれ一つとして目をひく書き込みはなかっただろう。

自分の好きな芸能人が読んでくれる可能性があるかもしれないのに、どうしてもう少し気の利いた事を書かないのだろうかと不思議に思った。


そして気付いた。

本になっている作家などの文章とは違って、ここは一般の人達の文章しか載っていない。

一般のレベルというのは、この程度のお粗末なものだという事を。

普通の人達は、気の利いた事を「書かない」のではなくて、「書けない」のだ。

ネットの中にあふれている文章の多くは、あまりにも表現力のないつまらないものだという事を、その時気付いた。


だがそんなネット社会の文章でも、玉石混淆で、たまに読みごたえのある文章を書く人がいる。

そんな人のブログをずっと読み続けていた時期もあった。

読んでいて面白かった。


そのブログを読んでいた時、投稿されたコメントも全部読んでいた。

そしてまた気付いた事がある。

コメントを書いた人たちが、ブログの文章の内容をほんの少ししか理解していないという事を。


例えば、猫に関する文章をブログ主が書いた。

「猫に関する」事を書いてあるだけで、「猫を飼っている」とはどこにも書いてない。

しかしコメントを寄せた人は、「私も猫を飼っている。」と記しているのだ。

「私も」と記している時点で、ブログ主が猫を飼っていると勘違いしているのが分かる。

全く読解力がない・・・。


ずっとそのブログと、そこに寄せられたコメントを読んでいるうちに、ある傾向に気付いた。

一般的なレベルでは、読解力がかなり低い。

そのためブログ主が言いたい事とは、全く反対の意図を勘違いして読み取ってる人もいた。

そして表現力が貧弱なため、ほとんどの場合、自分の事しか書かない事が多いという事を。


文章で書かれる事は、その人個人のことだけではない。

思想や考え、それから社会に対する批判や感謝、様々なものがある。

なのにそういった事が書かれた文章を読んでも、そしてそれが決して難解な文章ではなくても、ほとんどの人は「自分」から離れて意見を書くことができない。

あくまでも「自分」、最後まで「自分」なのだ。

だからそのブログ主とコメントで意思疎通ができている人は、かなり少なかった。

ブログ主も諦めているのか、全く違った意図に読まれてしまっていても、説明しようとも注意しようともしていなかった。

それはそうだろう。

文章での交流なのに、その文章を正しく読み取れないのなら、いくら文章で説明したところで理解できるはずがない。


そんな現状を見ている中、私もブログを書いてみようという気になった。

上記のような人達が多いので、今現在あまり本が読めないにもかかわらず、題名で本ブログにしようと思った。

本を読んでいる人達ならば、読解力・表現力が一般レベルよりまだましだろうと思ったからだ。

だからこのブログを訪れる数少ない人達には、私はまだ心を許していると言える。

文章での交流が可能だと思える人達だからだ。


でも、そんな中でもやはり読解力がない人がいると心が冷える。

私がいくら説明をしようと、彼等はそれを正しく理解できないからだ。

きっとほんの少ししか、私の書いた事なんか分からないのだろう。


読解力のある人が、恋しい・・・。
line

comment

Secret

No title

勉強します

No title

突然失礼します。

そうなんだ。。。。

読む側は、書き手に思いをはせて読んでいないことも多いかもしれないね。

読解力や表現力がない、そうかもしれないけど、、、
あまりにも簡単に、いろんなものが読める環境だものね、ネットって。自分の都合のいい時に、都合よく読み飛ばしたり、都合のよい解釈したりして、読んじゃう、都合よく書いちゃう。その方が楽で、簡単な満足感をえられるからかも。

自分も、自分の境遇に合うこと、合うようなこと、そんなものを読みたくて、ネットをさまよい歩き、そして、なにか安心感を得たくて、自分勝手な解釈で読んでいたかもしれません。

反省しなきゃだ。

でも、心がめためたなときは、そんな、ダメな読み方しちゃうかもしれない。そんな表現で投稿しちゃうかもしれない。

書き手の感想ありがとうございました。





香川真司さんへ

あの・・・私の誤解でなければ、香川さんは読解力も表現力もとてもある方だと思います。
ほんと人違いでなければ、香川さんのような方が恋しいです。

ごんべぇさんへ

まあ、実際の人間同士の付き合いの中でも誤解は生じるし、ましてや文章だけの交流ならば、なかなか思いの全てを伝えることは難しいかもしれないですね。。。

気楽に書けること、読めることが、ネットの良さでもあり、悪いところでもありますね。

No title

ご無沙汰してます~&あけましておめでとうございます。

今回のエントリ、耳が痛いというか、自分もそうかもしれないなあと思います。
私もブログを書いているのだから、自分にもちょっとは表現力があると思いたいですが……確かに、なかなか伝わらないものだなあ、と実感しています。

そして私もまた、誤解して、的はずれなコメントを書いてしまっているかもしれません。

でもだからこそ、たまに「伝わった」感触があると、ものすごく嬉しいですね。

文章のやり取りには、会って話すのとは別のよさがあると感じます。
月野さんとのコメントのやり取り、いつも楽しいです(楽しんでいるのは私だけ、でなければいいのですが……。)

今年もよろしくお願いします。

月ノヒカリさんへ

ああー、月ノヒカリさんにも誤解を与えてしまいましたね。
月ノヒカリさんは、一般レベルよりはるか上です。

この記事を書く前に、
「誰々と誰々と、このブログにたまに遊びに来てくれる月ノヒカリさんは読解力があると思います。」
というような文章を入れようかと思ったんですが、書く段階になって、もし書きそびれた人がいたら、
「じゃ、私は?」
というような事態になってしまうと気付き、止めたぐらいなんですよ。

月ノヒカリさんとのお話は、文章でもすごく「伝わった」感があるので、私も楽しいです。


ところで、月ノヒカリさんのブログに、ここのリンク入れてもらってあるんですね!
今日気付きました(遅い?)。

私も月ノヒカリさんのブログをリンク先に入れようかずっと考えていたんですが、
「入れない方が、自由に本音を書けるかも。」って考えて、入れてなかったんです。

でもそんなにブログに入り浸ってる訳じゃないし、やっぱり入れてあると便利だし、相互リンクさせてもらいます!
これからもよろしく~♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントくださった方へ

えー、ベテルギウスがですか?!
確かにベテルギウスは、かなり年老いている星だと子供から話を聞いたことがありますが・・・。

もしそれが本当だとしても、すごく明るいベテルギウスを見るのは、五百年先になりそうですね(五百光年離れているから)。
私たちの生きている間は、多分学生時分に見上げたオリオン座の形は失われないと思いますよ。

(それとも、五百年前に爆発していたのかな・・・?)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そうですよね

時間がかなり空いてからの書き込みで申し訳ありません。

その傾向は小説投稿サイトも同じです。そう、小説を書きたいと言っている人のサイトであっても読解力が非常に低い。交流の文章で書いてあるのに、それを全く読んでいないのか、質問をしてくるなんてしょっちゅうでした。失望して泣きましたよ、本気で。

その中で、しっかりと読解力がある友人を得たのは宝物を得たように嬉しいことではありますが、それが皆同世代だったのです。これって嬉しいことなのか、未来が無いと取るべきなのか判らないですよね。

もう少し文章を感じてくれる人がいると良いのになと思います。

かねかねさんへ

>その傾向は小説投稿サイトも同じです。

そうですか、小説投稿サイトであってもですか。。。
ちょっと失望しちゃいますね。

私の周りでも読解力があると私が思っている人は、大体同じぐらいの年齢ですかね・・・そんなに多くの人と交流している訳ではないですけど。
そういう人は、本当に自分にとって宝物ですね。
数が少ないだけに(笑)。
line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。