スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

上の子が赤ちゃんを抱っこする危険性

さてさて、今日は赤ちゃん記事三連発だが、最後に上の子がまだ赤ちゃんである下の子を抱きたがる場合。

これもまた危険な話を聞いた。

上の子の赤ちゃん返りも一段落して、今度は赤ちゃんの世話をしたがるようになった時、足元を持って首をひきずるようにして「抱っこしたー。」なんて喜んでいるとか、庭で赤ちゃんを抱っこしていてつまずいてしまい、赤ちゃんを放り出してしまったとか・・・。

まあ何事もなく済む事が多いんですが、たまに頭の打ち所が悪くて、後遺症が残ったとか亡くなってしまったとかいう話を聞かない事もないので。


お母さんがやっている事は、子供はどんなことでも真似をしたがる。

赤ちゃんを抱っこしたいというのも、やはりやってみたい気持ちは分かるが、これだけは上の子の言う事をそのまま聞いてはいけない。

かといって「抱っこはダメ!」と全面禁止にしても、それはそれで上の子に不満が残る。

なのでやはり、

"抱っこをするなら、自分が座って、膝の上に抱っこするだけ"

という約束を作って、それを守らせるのがベストだと思う。


下手な事故でも起きて、赤ちゃんが半死半生になったり、亡くなってしまったりするよりは、その方が絶対いい。

あまりにも上の子のやるがままに任せている方は、どうか気を付けてください。
line

comment

Secret

No title

まねっこって、ほんとうにすごいですよね。いろんなこと、なんでもかんでも真似ますね。親の口調そっくり。
やってることも、そうなんですよね。

子どもの話をしていると、いつも、震災、福島の子どもたちのこと、心配になります。ほんとうに、どうしたらいいのか、なにも悪くないあの子たち、いろんな大人たちの思惑の中で、ほんろうされ、何十年後かに、なにか起きないことを願います。

関係ない話になってしまい申し訳ない。

るーとさんへ

> 子どもの話をしていると、いつも、震災、福島の子どもたちのこと、心配になります。ほんとうに、どうしたらいいのか、なにも悪くないあの子たち、いろんな大人たちの思惑の中で、ほんろうされ、何十年後かに、なにか起きないことを願います。

福島の原発事故、深刻な状況ですよね。
最近チェルノブイリの原発事故後に、そこに住んでいた人達に何が起こったか耳にする機会があり、それによると放射線物質は甲状腺にたまりやすいため、子供たちが甲状腺がんになるのが激増したそうです。

もし私が福島に住んでいたら、その土地に仕事もある訳ではないので、きっと日本国内のどこか遠くに引っ越して逃げていってる気がします。
子供のことを考えたら、福島に住み続ける事はしたくありません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントくださった方へ

>体調などいかがですか?

家の中でも外でもやる事があって、とてもとても疲れています。
line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。