スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

子供が絵本を大人しく聞いてくれない時の工夫

さて前の記事で、下の子の授乳中には上の子に絵本を読むのがおすすめという事を書いたが、授乳中でなくても絵本をちゃんと聞いてくれないというお母さんがいたので、もう一工夫。


そのお母さんいわく、絵本が情緒や親子のきずなを深め、とてもいい事は分かっている。

でも読み始めると、子供はソワソワ、じっとしている事が出来ない。

「ちゃんと聞いて。」と何度注意しても、三秒もすればムズムズ、ソワソワ。

お母さんとしては、「忙しい中、せっかく読んでやってるのに。」という思いが湧きだす。

それでも子供は、絵本に集中するどころか、あっちこっち見始めて、絵本を見るどころの話ではない。

結局頭にきて、

「なんで読んでやっているのに、ちゃんと聞かないの!!」

と、ドカーン雷を落とす。

で子供も、ギャーンと泣き叫び出してしまい、「二度と絵本なんて読んでやるものか」という気持ちになっておしまい・・・・なんだそうだ。


いやー、そこでおしまいでは芸がない。

子供がじっとしていられないのは当たり前。

本が好きな家の子だって、最初はそんなもんだった。


で、私がとった方法は、子供がソワソワし出したら、絵本に集中するまで読み進めないというものだ。

あっちこっち見始めたら、絵本に視線が戻るまで静かにして待っている。

子供が「どうしたの?」と聞いてきたら、

「ちゃんと絵本見て。」とだけ言う。

後はひたすら待つ。

そのうち子供も絵本を見ていないと話が進まない事が分かってきて、少しづつ集中するようになる。

そうなれば、もうしめたもの。

集中できる時間が日を追って長くなり、絵本を読むこと、読んでもらうことがお互いに楽しくなり、情緒やきずなを深める事が本当にできる。


絵本を聞いてくれないという悩みを持っている方は、ぜひこのやり方を試してみて欲しい。

怒るよりずっとエネルギーが少なくて済むし、自分は待つ事を覚えられるし、いい事だらけですよ。
line

comment

Secret

ご無沙汰です

もし、ご迷惑であったら、申し訳ないです。

今日、なんとなく、ふっと、ここのことが頭に浮かび、来てみたら、少し書かれているので、びっくり。

絵本、とっても、いいですよね。
集中できる時期もあるのでしょう。
最初は、全然きいてくれませんでしたが、
寝る前は、何回も何回も、本を読まされます。もう、寝ようよ!っていっても、聞かずに。それもまた、つらいですけどね。笑。

子どもの嗜好もかわりますよね。

すいません。ご迷惑なら、いってください。

るーとさんへ

ご無沙汰しております。
でも全然迷惑ではありませんよ。
却って忘れずにいてくださったのが、嬉しいぐらいです。

るーとさんのお子さんは、今ちょうど読み聞かせの時期なんですね。
何度も何度も読まされるのは大人にとってちょっと辛いですが、それをやってあげると子供が絵本の言葉を全部覚えちゃうんですよ。
で、読み間違えたり、飛ばしちゃったりすると、子供の方から注意される(笑)。

ああやって、言葉と感情というものが一緒になって子供の中に沁み込んでいくんだなぁ・・・と実感できます。
とても大切な過程ですよね。

家の子も大きくなってきてはいますが、男の子の方はなかなか自分から本を読んでくれないので、まだ読み聞かせをやってます(毎日じゃないけど)。
男の子って、女の子より手がかかりますね(笑)。

ほんとうに

女の子、父親としては憧れます。でも、すぐに大人びていくんでしょうね。嫌われるだろうなあ。

さて、よかった。精神的に負担に感じたりしているようであれば、そっとしていたほうがよいのだろうと思っていました。

ほんと、こっちが、うとうとしていて読み間違えたり、とばしちゃうと、完璧にしてきされてしまいます。子どもの記憶力はすごいですよね。そして、ほんと周囲のことをよく理解しています。

寒かったり暑かったり、天気が不安定だと体に影響しますよね。お気をつけて。

そうそう、こないだ友達が遊びに来たので、善光寺に行きました。ちょうと七五三にぶちあたって、すごい混んでいました。

るーとさんへ

> 女の子、父親としては憧れます。

という事は、るーとさんのお子さんは男の子なのかな?
だとしても、男同士ってのもいいかもしれませんね。
大人になったら、晩酌を酌み交わしたりなんか出来たりして・・・って、それはまだまだずっと先の話になっちゃうかな(笑)。

> そうそう、こないだ友達が遊びに来たので、善光寺に行きました。ちょうと七五三にぶちあたって、すごい混んでいました。

私もこの間近くを通ったら、ものすごい道が混んでいて、
「ああそういえば七五三なんだ。」
って思い当たりました。
なので、帰りは違う道を通るようにしました。
いやはや、善光寺さんはすごいもんです。
line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。