スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

『アンナカレーニナ』

この作品にある一文。

「幸福な家庭は一体よく似ているものであるが、不幸な家庭は、みなそれぞれに不幸である。」


まさにこの言葉どおり。

幸せな家庭は、父親がいて、母親がいて、子供がいて、時にはおじいちゃん・おばあちゃんがいて・・・大体そんなもの。

なのに幸せでない家庭は、この家族構成からして様々であり、千差万別。

我が家もその不幸な家庭の例にもれず、普通の構成から少しずれている。


家庭内で少しゴタゴタがあり、この言葉を思い出したりしたのだが、そのゴタゴタのためしばらくブログが書けないかもしれない。

過去の記事へのコメントなどはいつでも受け付けているので、すぐには返事が書けないかもしれないが、歓迎してます。
line

comment

Secret

No title

お疲れ様です。
ひとつのテーマを書き上げたのですから、すこし休んでも。。。こちらは残念ですが。

ご家族のことに集中してください。
それぞれがそれぞれの波乱を抱えていますね。

私の大学時代の恩師が、自分の波乱の人生について、退官のときに言った言葉で、「どんな荒れ狂う嵐の日にも時間はたつのだ」シェイクスピア
が、思い出されました。
きっと、人生を振り返ってそう思ったのだろう、そう思ってきたのだろうと思います。

では。

No title

月野さん、お久しぶりです。

花の名前のシリーズ完結おめでとうございます!
ちゃんと読んでましたよ~。
花の写真を添えたエッセイ本にしたら素敵だろうなあ、などと思いました。

トルストイの「幸福な家庭は~」の言葉、私も気になってました。
本当は、「それぞれに幸福」でいいと思うんですけどね。

またブログを再会される日をひそかに待ってます♪

るーとさんへ

>「どんな荒れ狂う嵐の日にも時間はたつのだ」シェイクスピア

この言葉、いいですね。
心の中が嵐になった時には、この言葉を思い出して、嵐の通り過ぎるのを待ちたいと思います。

ちなみにこの言葉が載っている作品は『テンペスト』かしらね、嵐というだけに(笑)。

月ノヒカリさんへ

お久しぶりです!
ずっと読んでいてくださって本当にありがとうございます。
このブログは、月ノヒカリさんのブログよりもずっと辺境ブログなので、月ノヒカリさんのような固定読者は本当に得難い存在です。
花の名前のシリーズ、花の写真が付いていればもっとずっと素敵になるんだろうなぁと私も思っていたのですが、実は画像関係が私は全滅なもので・・・。


> トルストイの「幸福な家庭は~」の言葉、私も気になってました。
> 本当は、「それぞれに幸福」でいいと思うんですけどね。

「それぞれに幸福」・・・トルストイの言葉に逆らって、そうでありたいものですね。
私も家族構成が普通と違っても、「それぞれに幸福」を目指してしばらく頑張りたいと思っています。
line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。