スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

左様なら花の名前をつけた色

竜胆色(りんどういろ)・・・リンドウの花のような柔らかい青紫


リンドウの花といえば、秋の日当たりのいい斜面に青紫の筒状の花をつけて揺れているようなほのぼのとした光景を思い浮かべるが、漢字で書くと竜胆・・・竜の胆というなんとも怖ろしげな文字になってしまう。

では、なぜ竜の胆などという字がリンドウに用いられたかというと、この植物の根にその由来がある。

リンドウの根は、むかし健胃薬として使われたのだか、苦味が強く、竜胆(りゅうたん)と呼ばれた。

それがそのままリンドウに当てはめられたため、現在のような字になったそうだ。

リンドウの花は嫌いじゃないが、漢字で書くと何か熊の胆(くまのい)を思い出しちゃうなぁ(笑)。

えっ、熊の胆なんて知らないって?

そうかもしれませんね、昔の民間薬にされた熊の胆のうで、今買おうと思えば、すごく高価なものになっているでしょうしね。


と、胆の話はともかく、リンドウは古来、実用あっての花だったんですね。
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。