スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

どっこい花の名前をつけた色

承和色(そがいろ)・・・黄菊のような明るい黄


ややっ、また聞いた事も無く、しかも花の名前からだいぶ離れた色名が出てきたなと思った方、大丈夫、一応これも花から出た名前なんです。

その経緯を説明します。


まず第五十四代目の天皇・仁明天皇は、殊に黄菊が好きだったそうで。

そこで仁明天皇の年号「承和(じょうわ)」にちなんで、黄菊を承和菊(じょうわぎく)、そしてその黄色を承和色(じょうわいろ)と言うようになりました。

その「じょうわ」がだんだん訛って「そが」と呼ばれるようになり、仁明天皇の没後六十数年過ぎた頃には、「承和菊(そがぎく)」「承和色(そがいろ)」という名が定着していたそうです。


しかし「じょうわ」が「そが」へ・・・訛るにしてもあまりに変化が大きいので、今書いたのは一説に過ぎないとしている本もあります。

確かに、響きも何も似ていませんもんね・・・。


でもそれにしても「そが色」は「承和色」と書くし、これ以上筋の通った由来も見つからないので、私はこの説が正しいと思いますが。


黄菊から出たこの色、それを好んだ天皇を経て、その年号を経て、やがて訛りも経て、現代に「承和色(そがいろ)」として残っている。

何か回りくどいですが、やっぱり花にちなんだ色名なんです。
line

comment

Secret

ご無沙汰

ちょこっと、パソコンいじれなくって、久々に、よらせてもらいました。すごい、さらに発展してますね。

ふっと、一息つけました。
ちょこっと、忙しくって、精神的に疲れ果ててましたもので。
疲れると、というか、やっぱり、いろいろひっかかるものがあると、眠れなくなりますね。ぼーっとしちゃってしんどかった。

天皇などの上流階級の人々がつくりだす文化、上流でない私にとっては、そんなもの、、、なんて思うこともあるけど、文化ってものは、お金を稼ぐことなどまったく関係ない、ただただ純粋に、美やらなにやらを追及できる人、ってのも大切なんですね。

ご無沙汰です!

>文化ってものは、お金を稼ぐことなどまったく関係ない、ただただ純粋に、美やらなにやらを追及できる人、ってのも大切なんですね。

そうですね、特に古代はそういう余裕がなければ無かった文化というのも、多かったでしょうね。
(古代ローマ帝国の文化は、奴隷制度があったからこそ発展したと言われますし。)

でも、現代は別。
文化の主役は、私たち庶民ですよ、庶民(笑)。


るーとさんは、眠れない日が多かったみたいですね。
・・・実は私も睡眠がうまく取れない日が多いので、眠れない苦しさというのはものすごく分かります。
以前は、睡眠薬がなければ全く眠れない日もありました。

それでも最近は睡眠薬なしで何とかやっていかれるようになったのですが、そのきっかけになったのが骨盤体操です。
本屋さんに行くと骨盤体操の本はたくさん出ているので、もし興味があったら覗いてみてください。

まあでもるーとさんの場合、ひっかかるものがなくなれば眠れそうな気もしますが・・・。
(ひっかかるものから、夜だけは意識を離すとか。)
睡眠は人間にとってとても大切なもの。
なんとかスムーズに眠れるようになれればいいですね。

睡眠

睡眠は、けっこう苦手です。
ちょっとしたことに感化されるタイプで、けっこう小さいときから、眠れない方でした。今は、まともに眠れるってことはない気がします。

うれしいこと、かなしいこと、なにか普段と違うことがあると、
なくっても、すっ、、、って眠れないですね。小さい人間だなあって思っちゃいます。

でも、眠れないことを、くよくよしなくなりました。寝れなくてもいいやって思えるようになったことが、すこしは進歩したところかも。

月野さんも眠れないのかあ、、、

骨盤体操ね、みてみます。
私の我流としては、肩甲骨の間にあったかい、湯たんぽなんかを充てること。なんとなく安心感がでて、落ち着きます。

るーとさんへ

るーとさんの睡眠不調、小さい時からというと、かなり根が深そうですね。
ましてや眠れなくてもくよくよしない心境になっているだなんて、まるで悟りでも開いちゃったみたい(笑)。

とはいえあまり眠れない事にこだわり過ぎると、却ってもっと眠れなくなるのは私も経験済み。
私の場合、一時間ぐらい布団の中にいても眠れない時、
「もう、いいや。」
って諦めちゃって、テレビ見たり、新聞読んだり、ゴロゴロしたりを繰り返していると、そのうち眠れてたりしてます。
ろくろく働いておらず、昼間ボーっとしててもいいっていう時間があるので、こういう事やっていられるんですけどね。
るーとさんは仕事もあるから、眠れずにボーっとしてる頭で働くのはいろいろ苦労も多いでしょうね。。。

あと私も、嬉しい事や悲しい事、心に刺激があると眠りにくくなりますね。
(それにカフェインやお酒を飲んでも、眠れなくなります。)
どうしてこんなに繊細すぎるんだろうって、恨めしくなることも多いです。
るーとさんと少し似てますね。

睡眠に関しては、骨盤体操の他にもいろいろ情報があったので、もうちょっと頭がハッキリしている時に何か書きたいです。
(今も眠いけど眠れなくて、頭が働いていないので。)

湯たんぽは、もう少し寒くなったら試してみたいです。
・・・でも柔らかい湯たんぽじゃないと、背中痛そうですね(笑)。

そうだね

硬い湯たんぽを背骨にあてて、すこしたったら、
はずしてるけどね。笑。

やわらかいホットパック、だといいかも。

感受性が高いからかな?眠れないって。
良い面が悪い働きもするってことだね。

良いところと悪いところは紙一重。最近思う。

さて、月野さんの繊細さ、文章からも感じます。
似ているところあるのかな?だから、こちらに
書き込みしているのかもしれませんね。


るーとさんへ

眠るための工夫の記事、書いてみました。
ネットの中にも良くまとまっていていいなぁと思うものが前あったんですが、そちらが見つからなかったので本に書いてあったものを基本にまとめてみました。
どれか一つでも、るーとさんの役に立てばいいんですが・・・。

ところで、私の繊細さが文面でも分かるんですか?
すごすぎる、エスパーのようだ(笑)。
line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。