スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

なおなお花の名前をつけた色

杜若色(かきつばたいろ)・・・カキツバタの花のようなやや青味の紫


杜若という名の由来は、この花のしぼり汁を布にすりつけて染めるという「書き付け花」が転じて「カキツバタ」になったのだといいます。

草木染めは今でもありますが、そのもっとも原始的な染色法に使われた花だというのが、この名前を見ると分かりますね。

草木を煮たり、発酵させたり、現在のように色落ちしないような物質を入れたりはしないので、多分色も褪せやすく、洗えばすぐ落ちてしまうようなものだったんでしょうが、
「あの花の色のような美しい布を作りたい。」
という欲求を起こさせる花だったんだと思います。

杜若が湿地に群生している様子は、それは見事ですから。

また平安の頃は紫が高貴な色として尊ばれ、そのため紫系の花の名前からつけられた色が、特に豊富になったそうです。

杜若色もその一つですね。
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。