スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

まだまだ花の名前をつけた色

菫色(すみれいろ)・・・スミレの花のような鮮やかな青紫


菫色というと、どこかロマンチックな響きのある色名ですね。

これは明治・大正時代に、若い女性に流行した色でもあるし、本の中でもよく出てきそうな色だからでしょうか。


ちなみに菫の花の名の由来は、古くから菫摘みの行事があったため「摘まれる」から転化したとか、花の形が大工道具の一つの墨壺に似ていたので「墨入れ」が略されたなど、いくつかあるようです。

由来は、それ程ロマンチックではありませんね。


そういえば小学校卒業の折、友達同士で交換して書いた卒業記念の紙に、私を花に例えると三色すみれだという一文がありました。

三色すみれというとパンジーの事ですが・・・はて?

三色すみれはそれほど好きでもないし、どこら辺が私のイメージと重なるんだろうとすごく疑問に思ったのですが・・・。

まあ友人もそれほど深く考えて書いた訳でもないでしょうし、やはり菫というおしゃれな雰囲気で書いてみただけなのかもしれません。

同じ花であっても、「あなたを花に例えるとパンジー」と書くとイマイチだし(笑)。

菫の花もその色も、とてもいいイメージを持っていますね。
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。