スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

不老不死のガン細胞

人間のDNAには、細胞が年を取って死ぬ設計図が入っている。

これが具体的にどういう事かというと、まず人が成長して細胞が分裂するたびにDNAはコピーを繰り返していく。

そのコピーの時、DNAの両はじは完全にコピーする事ができず、少しずつ短くなっていってしまう。

DNAのこの部分はテロメアと呼ばれていて、ここがある程度短くなってしまうと細胞はもう分裂する事が出来なくなり、やがて年老いて死んでいくという事なのだ。


ところが、この短くなったテロメアをまた長くするテロメアーゼという物質を持っている細胞がこの世には存在する。

それがガン細胞だ。

ガン細胞はテロメアを長くして、いつまでも生き続けられるという意味では不老不死だ。


なのに・・・ガンは決していつまでも生き続けられる訳ではない。

なぜならガンは、自分が発生した宿主である生物の体の中で増殖し続け、やがてその生物が生きていくのに必要な正常な細胞までも壊していってしまうため、結果的に宿主自身を殺してしまう。

従って、不老不死であるはずの自分自身までもを殺す事になるのだ。


なんだか地球に寄生する人間みたいじゃないか・・・?


どうして寄生してなきゃ生きていけない宿主の体までをも破壊して、ガン細胞は増え続けるのだろう?
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。