スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

『古事記』の妻問い物語の範型 ~ニニギノミコトとコノハナノサクヤビメ~

ざっと『古事記』を最後まで読みとおしてみたところ、『古事記』の中の恋愛、夫婦愛を表す典型的な話が、やはり邇邇芸命(ににぎのみこと)が木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)に妻問いする物語だと思ったので、少し長くなるが紹介したい。


天照大御神(あまてらすおおみかみ)の孫の邇邇芸命は、ある日、笠沙の岬で美しい乙女に会う。

名を問うと、大山津見神(おおやまつみのかみ)の娘で、木花之佐久夜毘売だという。

そこで邇邇芸命は、父親に娘を妻にしたいと使者をつかわすと、父親は大変喜んで、たくさんの結納品ばかりか木花之佐久夜毘売の姉の石長比売(いわながひめ)も添えて、娘を差し上げた。

ところが邇邇芸命は、姉の方は容貌がひどく醜いので、妹だけとどめておき、姉を送り返した。

それで父親はひどく恥じ入り、

「石長比売を差し上げたのは、雪が降り風が吹いても、いつも石のように永久不動でいらっしゃるように。
 木花之佐久夜毘売を差し上げたのは、木の花がはなやかに咲くようにお栄えなさいませという誓約をして差し上げたのに、姉の方を返されるのでは、神の御子の寿命は、木の花のようにはかなくいらっしゃることでしょう。」

と呪言を言う。

このため歴代の天皇は、神のように長生きできなくなり、今日に至るまで寿命が定まってしまったのだという。

(ここで神代が終わり、人代になることを暗示しているそーだ。)


一方、木花之佐久夜毘売は、邇邇芸命との一夜の交わりで身重になってしまったので、邇邇芸命は自分の子ではないだろうと疑う。

それを聞いた木花之佐久夜毘売は、

「もし他人の子なら、出産が無事ではないでしょう。
 でもこれが神の御子(邇邇芸命の子)ならば、どんなことがあっても子供は無事に生まれるでしょう。」

と言って、出入り口のない広い産殿を作り、そこに火をつけて出産をした。

やる事が過激でちょっと怖ろしいが、三人の男の子が無事に生まれた。

それが火照命(ほでりのみこと・海幸)、火須勢理命(ほすせりのみこと)、火遠理命(ほおりのみこと・山幸)の三人だという。


話はここで突然終わるのだが、この後にいろんな記述がないということは、たぶん邇邇芸命と木花之佐久夜毘売は幸せに暮らせたんじゃないかと思う。

だって、木の花がはなやかに咲くように栄える姫をもらったんだから。


このあと反逆物語とからみ合った恋物語もたくさん出てくるのだが、とりあえずこの話を書いとけば『古事記』の恋物語りは、もうあまり言及しなくていいかなぁって感じ(笑)。

この話から気になる事を、二、三、別記事で書いていきたい。
line

comment

Secret

No title

はじめまして。ニニギさんは、岩長姫とも結婚しました。その証拠が二つあります。息子の山幸命の寿命は570歳であると古事記に書いてあります。もう一つ。富士宮にある浅間神宮には、姉妹そろって祭られています。ほとんどの浅間神社では二人揃っているのです。私はニニギ達は宮崎から、伊勢、名古屋、静岡と稲作を広めながら、都を移していったと思うのです。二人の姉妹も一緒に。ニニギは二人を平等に愛したに違いありませんね。

タオさんへ

山幸命の寿命は570歳ではなく、580歳だと確かに古事記に書いてありますね。
しかしながら、石長比売と結婚しなかったと古事記に書いてあるのも事実です。
それ以上でも、それ以下でもありません。

No title

残念ながら古事記が絶対正しいとはいきませんね。でも全部うそでもないかもしれません。天皇が短命なのがほんとかうそかと言うことです。ほんとなら山彦の年がうそですね。
line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。