スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

名前をもらった桃の実

『古事記』の伊耶那岐命(いざなぎのみこと)の黄泉国訪問の話から、もう一つ。

伊耶那岐命が妻の伊耶那美命(いざなみのみこと)を連れて帰ろうとすると、妻はすでに黄泉国の食物を食べてしまっていて帰れない。

でも妻は、

「せっかく伊耶那岐命が来てくれたのだから、黄泉国の神と相談してきます。
 その間、私の姿は見ないように。」

と言い残して、御殿の中に入っていった。

しかし、いくら待っても彼女は現れない。

しびれを切らした伊耶那岐命は、くしの歯に火をともして彼女の姿を見る。

すると妻の体にはウジがわき、体のあちこちから雷神が生まれていた。

あまりの光景に驚いた伊耶那岐命は、恐れおののいて黄泉国から逃げ出す。

すると妻は、「よくも私に恥をかかせましたね。」と言って、追手をかける。

逃げる伊耶那岐命は黒い髪飾りをとって投げ捨てると、それは山ぶどうになり、追手の気をしばらくそらす事ができる。

だがまた追いかけてきたので、くしの歯を折って投げ捨てると、今度は竹の子になって追手を避ける事ができた。

すると妻は、体から生まれた雷神に大勢の黄泉国の軍勢を従えて、伊耶那岐命を追いかけさせる。

伊耶那岐命は、現世との境に生えていた桃の実を三個取って投げつけると、それらの恐ろしい追手を追い払う事ができた。

そこで伊耶那岐命は、巨大な岩で黄泉国との境をふさいでしまう。

で最後に妻自身がやってきて、

「あなたがこんな事をするならば、これからは一日に千人の人を死なせましょう。」と言うので、

伊耶那岐命は、

「それならば私は、一日に千五百人の人を産ませよう。」と答える訳なのだが・・・!


・・・と前置きの説明が長かったが、伊耶那岐命は追手を追い払ってくれた桃の実に、

「お前は、私を助けたように、葦原中国(あしはらのなかつくに・天上と地下の中間にある国の意)に住む全ての生ある人々が苦しい目にあって悲しみ悩むような時には助けてあげなさいよ。」

と言って、その桃の実に名前をたまわる。

"邪気を払う偉大な神霊"という意味の意富加牟豆美命(おおかむずみのみこと)という名だ。

果物なのに、すごく立派な名前だ。

少し前に、遺跡の中から大量の桃の種が見つかったニュースが流れていたが、こんな話からも桃は神聖な果物だった事が分かる。


それで私はこれを読んで、私が苦しい目にあって悲しむ悩む時には、ぜひ桃の実さんに助けてもらいたいと思った訳だ(笑)。

病気で苦しい時には、食べればいいのかな?

意富加牟豆美命さま、ぜひぜひ私めをお助けくださいまし、まし。
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。