スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

日本神話の最高神て、誰?

今まで私は、日本神話の最高神というと、天照大御神(あまてらすおおみかみ)じゃないのかな・・・ぐらいにしか思っていませんでした。

でも『古事記』を読んでいても、「最高神」とか「至上神」という言葉が天照大御神に付かないので、一体誰なんだろうと思ってよく読んでみたら、最高神は一番初めに出てくる天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)だって書いてありました。

少しややこしいですが、天照大御神は最高の皇祖神で、天之御中主神が日本神話の最高神だそうです。

だけど、アメノミナカヌシノカミ・・・最高神のくせに、全然有名じゃない。

ギリシア神話の最高神のゼウスときたら浮名を流しまくって超有名なのに、日本の最高神は影が薄いこと・・・。

どうやらそれは、理由あっての事のようです。


天之御中主神の次に書かれている高御産巣日神(たかみむすひのかみ)と神産巣日神(かみむすひのかみ)、この二人の神様が、それぞれ高天原系と出雲系の最高神で、この神様たちのために後から考えられた神様が天之御中主神のようなのです。

つまり最高神を争って喧嘩にならないように、さらにその上に神様を考えたって訳ですね。

そのためか高御産巣日神と神産巣日神は、『古事記』を読んでいても後の方でもちょこっと名前が出てくる事があるのに、天之御中主神はほとんど出てこない。

淋しい最高神ですが、喧嘩の仲裁役と思えばしょうがないですね。


最高神の事を考えたついでに、世界各地の神話の最高神をちょっと調べてみました(これが結構大変だった)。

ケルト神話・・・ルー(男)

北欧神話・・・オーディン(男)

フィンランド神話・・・ウッコ(男)

ギリシア神話・・・ゼウス(男)

スラブ神話・・・スヴァローグ(男)

アステカの神話・・・オメテオトル(男であり女)

マヤの神話・・・ククルカン(羽毛を持つ蛇)

インカの神話・・・インティ(男)

イランの神話・・・アフラ・マズダー(男)

メソポタミアの神話・・・アヌ(男)

エジプト神話・・・ラー(男)

最高神は、時代や人種によって変わっていくものもあるし、呼び方も様々だったりするので、ちょっと違うんじゃない?というのもあるかと思いますが、とりあえず代表的なものを書いてみました。

こうやって見てみると、性別が分からないものの他は、最高神てみんな男性ですね。


ちょっぴり悔しいので、女性の最高神を特別に書いておきます。

それは南セムの神話の最高神で、イルムクという神様です。

彼女はまた、月の女神でもあります。

なぜ月の女神が最高神なのか書いてあったところがあったのですが、それによると南セムの方は昼間暑くて行動できず、月が出る頃になって行動したということ。

そして、南セムの太陽神ダト・ヒヤミムも女神なのは、ひどく照りつける太陽にも女性のような優しさを期待したからだということです。

まあ理由はどうであれ、女性の最高神がいて良かったって感じです(笑)。

私も"月野"を名乗ってる以上、イルムクが月神というのも身近に感じられ嬉しいものです。


日本神話も、天照大御神を最高神と勘違いしている人がたくさんいるようですが(ネットで調べてたら、よくそう書いてあった)、それでいいかも。

皇室に男性が生まれた途端、女性天皇の話がなくなるような国なんですから、最高神ぐらい女性にしといたって罰は当たらないはず(笑)。
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。