スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

『トゥルー・ロマンス』

やれやれ、やっとこの映画を見る事が出来ました。

脚本家のタランティーノが悲劇で終わらせたかったこの映画を、監督のトニー・スコットが幸せな結末に作り変えたという話をどこかで聞いてからずっと見たいと思っていたのですが、なかなか体調も思うようにならず、長い月日の後にやっと見ました。

見ての一言の感想・・・面白かった。

主人公のクラレンスは、コミックショップで働く少々オタクな好青年。

彼が大好きなのがエルビスで、そのエルビスを女の子に向かって熱く語っているところから映画は始まる。

「エルビスは、タフでクールで突っ張ってて無鉄砲で、ぶっとく短く生きて、カッコ良く死んでいくんだ。

 ああいう男になりたい。

 俺の理想だ。」

クラレンスは、脚本家タランティーノの分身のようだ。

タランティーノは高校中退後、ビデオショップで働きながら脚本を書きためた。

その少々オタクな彼の理想が、全てこの映画に詰まってる感じ。

ヒロインのアラバマもそう。

コールガールとしてクラレンスと知り合ったけど、実はなったばかりで、誰とでも寝るようなハスッパじゃない。

本当はまともな女で、一度男を好きになったら、その人だけ・・・。

その二人が恋に落ち、とんでもない麻薬取引に巻き込まれながら、タフでクールで突っ張って無鉄砲に大金を手に入れ、最後には生き残って幸せになる。

「ぶっとく短く生きて、カッコ良く死んでいく」事は、叶わなくて良かった。

しかもラストのものすごい銃撃戦から、生き残れるはずもないのに突然生き残っていたというありがちな設定でもなく、混乱に乗じて、クラレンスが片目を失いながらも生き残る。

その自然さも良かった。

タランティーノは日本びいきだそうだが、『キル・ビル』のような変な日本の描写もなくて良かった。


おまけとして、主題歌になっている木琴をメインとした曲も、なかなかいい。

印象的だ。


さて最近少し映画を見始めたけど、次は何を見ようかな。

誰か、お勧めはありますか?
line

comment

Secret

そうですか

トゥルーロマンスご覧になりましたか。
すごい偶然ですけど私も好きですね、あの映画。
とくにファーストシーンなんか良いですね、あの曲も何とも言えず好きです。ハイ

クラシッチさんへ

ファーストシーンと言うと、アラバマがクラレンスにポップコーンをぶちまけるシーンでしょうか。
あのシーンもいいですね。
屋根の上のシーンも、すごく気に入りました。
行動している間中、二人がベタベタし過ぎるのがちょっと気になりましたが、新婚なので許してあげましょう(笑)。

えっと

デトロイトの冬景色にあの曲が流れるとこです。 屋根の上のシ-ンも良いですね。
でも、暴力的なシ-ンも多かったでしょ?
あの頃は、ブラピもちょい役でしたね。

ああ、

本当に始めの場面でしたか。
あの曲の題名を今調べてみたら、「You're so cool」っていう曲なんですね。
You Tubeで、聞けるところがありました。
http://www.youtube.com/watch?v=YT-yylPUtx4&feature=related

暴力的なシーンも、確かに多かったですね。
ヒロインにここまでやるかって所もあったし。
ああいうのは、アメリカ人が好きな感じなんでしょうか。

ブラピは、ちょい役なのにやたら映るので、きっと殺されるんじゃないかって思ってました。
外れましたけどね(笑)。

あ~

残念ですけどPCないので、You tubeが観られないんですよね。あの曲は、うん、好きですね。
あの映画の銃撃シ-ンでアラバマのスカートが急に変わってるんですよね。気付きました?

アルシャビンさんへ

アラバマのスカートですか?
ピンクに白い水玉のスカートですよね。
早送りでもう一回見てみましたが、分かりませんでした。

いつ、どんな風に変わってるんですか?

え?

あの銃撃シ-ンの途中で突然スカートの柄が変わるんですね。まあ、いいんですけど、ラストのメキシコの海岸でアラバマの笑顔は印象的でしたね。

イニエスタさんへ

うーん・・・スカートの柄、分からなかったですね。
イニエスタさんは、よっぽど見ているんですね。

アラバマの笑顔、良かったです。
幸せな終わり方で、本当に良かったと思いました。

ところでイニエスタさん、投降するたびに名前を変えて遊んでいませんか(笑)。

あれ

スカートの柄変わるのは別の映画だったかもしれませんね。
今、パトリシア・アークエットは超能力役でドラマに出てますけど、すっかり変わってしまったのが何とも残念です。

イニエスタさんへ

超能力役のドラマって、"ミディアム霊能者アリソン・デュボア"ですよね。(調べてみました。)
もう41歳になるんですね、パトリシア・アークエットも。
写真も見てみましたが、アメリカ人らしく少しふくよかになってますね。

それでもまだ綺麗な方じゃないかなぁ。
"トゥルー・ロマンス"の頃とは違っても。

そうですね

あの映画の印象が強烈すぎたんですね。 もう41歳ですか、やれやれですね。時は流しそうめんのように流れますね。

トーレスさんへ

流しそうめんのように・・・ね(笑)。
彼女の出ているもので有名なのが、このドラマと"トゥルーロマンス"だけなので、余計にそう感じるかもしれませんね。

トーレスさんに、もう一つショックな事実を教えておきましょうか(笑)?
彼女には、19歳の息子と7歳の娘がいるんですって。
お母さんなんですよね。

ああ~

ニコラス・ケイジとの子供なんですかね? それは知りませんでした。

ナスリさんへ

19歳の息子は、以前交際していたミュージシャン、ポール・ロッシとの子供。
7歳(6歳?)の娘は、今結婚している俳優のトーマス・ジェーンとの子供。
ニコラス・ケイジとの間に子供はいなかったようですね。
ショックでしたか(笑)?

ほう

そうでしたか。
なにはともあれです。
line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。