スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

『白鳥の歌なんか聞えない』の表紙絵

久しぶりに庄司薫の文庫本を持ち出して眺めていたら、この本の表紙絵は、彼の奥さんの中村紘子が描いている事に気が付いた。

何羽もの白鳥が、青を基調とした水彩で、さらさらと描かれているような印象の絵。

さすがピアニスト。

やはり芸術方面での感覚が優れているのだろうか・・・イラストレーターでもないのに、とても美しい。

それに比べると庄司さんの方は・・・『ぼくの大好きな青髭』の表紙絵を書いているのだが、これは、うーん・・・。

私でも描けそうというか、誰でも描けそうというか、青と黒の絵の具をじゃんじゃん着けてみましたって感じで、絵心がある人ではなさそうな絵ですね。

この絵以外の物は見た事はないので、彼は絵が上手いのか下手なのかは分かりませんが、この二冊で比べてみたら、少なくとも奥さんの勝ち。


そういえば昔の中国で"文人"と言われた人達は、書が上手いだけでもダメ、絵が上手いだけでもダメ、両方上手くないと"文人"と呼ばれなかったという話を聞いた事がある。

厳しいですよねぇ。

今の日本にそれを適用したら、日本の作家が半減するんじゃないかな(笑)。

でも確かに、文と絵は、かなり近い存在だ。

本の中には必ずと言っていいほど絵が存在するし、絵だって文学をモチーフにして描かれた物が多々ある。

かなり個人的な情報だが、私のリンク先のかねかねさんとOceangreenさんだって、昔からの文学友達なのだが、二人とも絵が上手い。

私も彼女たちほどではないが、絵を描いたりするのは好きな方だ。

両方とも、紙にかいていくってのが、大きな共通項かな。

同じ芸術でも、音楽は音を鳴らさないといけないし、彫刻だったら形をつくっていかなければならない。

やっぱり相性がいいんだと思う。

文と絵は、紙と書く物があれば、両方できるという点で。


私もなぁ、家族の中では絵が上手い方に分類されるけど、その位のレベルだしなぁ。

もっともっと絵が上手くなりたかったなぁ。
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。