スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

『ギルガメシュ叙事詩』の登場者たち

『ギルガメシュ叙事詩』の中に出てくる者たちの名前が面白いと思ったので、書き記しておく。

【人間側】

・ギルガメシュ
   ウルクの王
   三分の二が神、三分の一が人間

・エンキドゥ
   もと恐ろしい野獣
   のちに人間となり、ギルガメシュの親友となる

・ウトナピシュティム
   神々の格別な恩寵によって不死となった老賢人
   聖書のノアにあたる

・ウルシャナビ
   死の海を漕ぐ老賢人の船頭

・シドゥリ
   旅の宿の女主人


【神々】

・アヌ
   天帝の最高神、男神

・アルル
   創造の女神

・シャマシュ
   太陽神、男神

・ニンスン
   ウルクの地母神
   ギルガメシュの母

・イシュタル
   神の森の女主人、女神

・エレシュ・ギ・ガル
   地獄の女王
   傍らに忠実な侍女がいて、死人が来るたびに書物を取り上げ、生前の記録を読み上げる
   (閻魔大王を思いおこさせるよね。)

・エア
   智恵の神、男神


【その他】

・フンババ
   神の森を守る怪物
   顔の真ん中にある一つ目に見つめられると、石になる
   外出の時は、七つの衣で身支度する
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。