上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
昔見て、すごく面白くて、大好きになった映画『ニキータ』。

フランス映画なのに、アメリカ映画っぽい映像と内容。

でもやはりフランス、こまごましたところはアメリカっぽい感性とは違って、すごく良かった。

因みに、アメリカでもこの映画のリメイク版を作っている。

題名は『アサシン(暗殺者)』。

アメリカ版ではやっぱり分かりやすい展開になっていて、登場人物の微妙な心のひだの動きが見えなくなっていたような気がする。

やっぱりオリジナルのフランス版が一番だよねってずっと思っていたのだが、その『ニキータ』が少し前にテレビでやっていた。

喜んで見てみたのだが。。。

うーん・・・。


まず昔私が見たときは原語の映画で字幕だったのだが、それが吹き替え版になっていた。

すると、女主人公の女優さんのもともとの低くてガサガサだった声(失礼)が、日本の声優さんの高くてすごくきれいな声になってしまっていた。

それが登場人物の印象をガラリと変えてしまっていた。

声がきれいになると、人物まできれいになってしまったような印象になる。

女優さんがやっているんだから、それなりにきれいな人物設定でも良かったはずなのだが、初めに十代の役で登場した時から歳を取り過ぎていてとてもきれいに見えなかったし(十代には少し無理があったからしょうがなかったかもしれないが)、それに行動が美人のそれとはかけ離れていた。

で、おまけにひどい声(またまた失礼)。

はっきり言ってしまえば、私の中でその女主人公は全然美人ではなかったのだ。


それが、かなりの時間をおいて見て、えらいきれいな人のようになってしまっていて(「君はきれいだ。」とかいうセリフも、字幕の時より断然多くなっていて)、なんだか映画自体の面白みまで減ってしまった気がした。

全然きれいじゃない不良が、訓練で殺し屋になり、なのに優しい恋人を得られた話だと思っていたのに。

美人だったなら、殺し屋だろうが恋人なんかできて当然じゃん・・・そんな風に感じてしまった。

それで、つまらないと(笑)。


時間が経つと、昔面白いと思っていたものでも全然印象が違ってしまうもんなんですね。

他のコメディ映画でも、そういうのあったし。

好きだったものが、見直してみたらそうでもなかったというのは、ちょっぴり悲しい。
スポンサーサイト
line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。