上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
一時、世間の話題になりましたねー『1Q84』。

その時期からだいぶ遅れて読みました。

読んだは読んだんですけど、なかなかその事について書く気になれなくて・・・。


昔取った杵柄で、読み上げるまでは一気でした。

ですが、村上春樹の作風、『ノルウェイの森』から、もしかして変わりました?

なんかね、性描写が気になるんですよ。

こんなに入れなくてもいいのにって感じで。

思春期の子供がいる身としては、この本を家に置いておく気になれません(昔の自分の父親と同じだな・笑)。


作品としては、だいぶオウム真理教の事を思い出しました。

あれは大事件だったですしねー。

ああいう独特の世界の中で、考えが狭まっていってしまった人達・・・青豆や天吾の家族から、脱出していった二人の物語なのかなって感じです。

変な世界を巻き込みながらも、最後は二人が結ばれてめでたしめでたしって事なのかなって。

あんまり気に入らなかったですね、『1Q84』。


『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の方が、何となく面白そうな感じがします。

そっちに期待しようかなぁ。

どうしましょ。
スポンサーサイト
line
line

line
プロフィール

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。