上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
久々の本に関する記事の更新となりましたが、やっとダーティペアシリーズの第六作、七作を読みました。

この二作は、「上・下」とでも言っていいような続きものですね。

で、シリーズ初のヒロイックファンタジーという事になっているのですが、これはどちらかというと、ゲームからの影響を受けて書かれた物といった方がよさそうですね。

ロールプレイングゲームと、ポケットモンスターの。

まあ世の中にこれだけ物語っぽいゲームがあふれていれば、当然それから影響を受けた作品も書きたくなりますよね。

私だってそうですし(笑)。

だけど読んでみて、やっぱり私はSFっぽいSFの方が好きだなぁと、改めて実感しました。

基本設定がしっかりした上での何でもありの世界――それが好きなんですよね。

魔法のように、基本がなくて何でもありなのは、あまり面白味が感じられない。

同じ現実離れした世界でも、そこら辺が気になっちゃいます。

この前作から気になっていた、ケイのユリに対する態度もひどくなってるし。

“露出が多ければ色っぽい”と勘違いしているケイの戦闘服もいただけない。

セクシー度ってのは、肌と服の境界線の長さに比例するって話を聞いた事があるけど(だから境界線がものすごい多い網タイツはセクシーなんだそうだ)、もうちょっと何とかならなかったものでしょうか、あの甲冑・・・。


今回は私の好みではなかったけれど、新設定の『ダーティペアFLASH』というのも、安彦良和さんの絵ではなく、とっても現代的になっていて、何だかついていけなそう。

あーあ、残念。

時代は移り変わりゆくかな。
スポンサーサイト
line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。