上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
彼女というのは、昔近所に住んでいた老人の女性。

その女性は古い家に一人で住んでいたんだけど、子供たちが過ごしやすいようにとお風呂を新しく作り直してくれた。

しかしその人、毎日お勝手でたらいにお湯を汲んで全身を綺麗にするのに、その子供たちが作ってくれたお風呂には全然入らなかった。

お風呂場があるのに使わないなんてどうしてなんだろう・・・と、昔はかなり疑問だった。


でもね、最近はその理由が分かった気がする。

体力がなくなってくるとお風呂に入るのも大変なんだけど、それ以上に苦労を感じるのがお風呂掃除。

それでまたお風呂ってのは、カビが生えたり汚れやすいときたもんだ。

お風呂掃除をしたくなければ、お風呂に入らないのが一番。

汚さなければ掃除をしないでも綺麗なままって、その女性は考えたんじゃないだろうか。


全くね、お風呂には入りたいけれど掃除は全然できない身になると、分かってくることもあるもんだ。
スポンサーサイト
line
最近、家の電話をいろいろいじったら非通知で掛けてくる電話も掛かってくるようになってしまった。

ちょっと申し込みの失敗。

また非通知は受け取らないよう申し込めばいいんだろうけど、面倒くさくなってしまって取り敢えず今はそのまま。

そうしたら、まあ非通知の電話も掛かってくるよね。

それは当然なんだけど、よく分からないのが非通知のワン切りの電話。

一度だけ電話が鳴ったと思ったら、すぐに切れる。

で、どこからかと思って調べてみると、"非通知"。

それが結構あるんだよね。

多分掛けているのは人ではなくて、パソコンか何かに連動された機械。

詐欺行為の下調べかなにかでやっていると思うんだけど、どうも目的が分からない。

昔ケータイが出始めたころ、ワン切りで掛け直してきた人に詐欺をするという手口があったけど、非通知だと掛け直させるのが目的ではない。

一体何のためにやっているんだろう。

目的が分かる人がいたら、教えてください。
line
タイトルは『老人と海』のパクリってわけじゃないんだけど、最近隣りの部屋にいる私の親がテレビ漬けになっている。

何でも老人になってくると睡眠時間が減少するとか言って、夜中はほとんどずっと電灯とテレビが点けっぱなしだ。

昨年の秋にテレビを買ってからというもの、ずっとそんな調子。

部屋をのぞいてみると、電灯とテレビだけじゃなくって暖房まで入れっぱなしで、それでグーグー寝ているからちょっとムカつく。

普段は節電しろ、節電しろってうるさいくせに。

注意するのも馬鹿馬鹿しいから、何をやってようとそのまま放っておいた。

そうしたら去年の冬くらいから、どうも体がいろいろ不調になってきたようだ。

今までは毎日のように出かけていたのに、去年の冬はあまり出かけなくなった。

歳も歳だから当然かもな・・・と考えていたけど、やっぱり違うような気が最近してきた。

不夜城のごとくテレビと電灯の光を浴びて、うとうと眠るだけなのが、やっぱり不調の原因のような気がする。

本人は、夜中目を開ければいつでもテレビが点いていて極楽気分のようだが、健康な人だってそんな眠り方を半年以上も続ければ、やっぱりどこかがおかしくなってくるよね。

今日、それを本人に話してみたのだが、どこまで理解したのやら。

とりあえず今夜は、電灯とテレビは消えていた。

でも夜中に目が覚めて、またテレビを点け始めなければいいんだけど・・・。


これを読んでいる老人の皆さん、寝ながらテレビは万病の素ですよ。

私は、やめた方がいいと思いますけどね。
line
ここのところ、家族の用がいくつもいくつもあり、とても忙しい。

翌日動けないと困るので、弱い睡眠薬を飲むことが多いのだが、今夜は睡眠薬を飲んでも眠れない・・・。

耐性がついてきてしまっているのかなぁ?

それともあまりの忙しさに、脳がパンク状態?

明日も用があるというのに・・・。

困ったなぁ。
line
日本政府は、蛍光灯と白熱灯を2020年度をめどに実質的に禁止する方針を固めたそうだ。

蛍光灯・白熱灯はエネルギーを多く消費するので、国内での製造と国外からの輸入を禁止して、省エネルギーの発光ダイオード(LED)への置き換えをさせたいらしい。


でも、ちょっと待って。

最近やっと分かってきたブルーライトの害はどうする気?!

LEDは青色帯の波長の光(ブルーライト)を多く出していて、これらに体内時計の夜の休息ホルモン「メラトニン」を抑制する作用があるのに!!

家の電灯がみんなLEDになれば、日本人の五人に一人が抱えているという不眠症や睡眠障害はもっと増えるよ!

そうなれば、最近いわれるスマホ型うつ病なるものも増加するのは目に見えている。

結果として、働けない人が増え、医療費や薬代は増大し、政府が求める経済政策とは全く逆の動きを促すことになる。

山のように多くの病人を、政府は抱えたいのだろうか?


ヨーロッパの中には、蛍光灯どころかまだまだ白熱灯を大切に使っている国もあると聞く。

(そういう国では、日本のように、ある日を境にテレビのアナログ放送をいきなりデジタル放送に切り替えるなんて行為は考えられないそうだ。)

進取の気象に富んで新しい物を求めるあまり、それによる害に目をつぶるにはブルーライトはあまりに危険だ。

スマホやパソコンもあまりよくないと言われているのに、家の電灯までLEDにさせられた日には、日本人は全員ブルーライトを毎晩毎夜浴びせられることになる。

恐ろしいことだ。

蛍光灯や白熱灯を無くそうだなんて馬鹿な考えは、すぐに止めてもらいたい。
line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。