上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
久しぶりに本の事を書く気になった。

しばらく家族の入院やら、東日本大震災で、何だかとても参っていたけど、図書館で以前かねかねさんが紹介していた本
http://oresama223.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-cd1b.html
の一巻を見かけ、読んでみる気になった。


内容は、とっつきやすくて面白く、一気に読んだ。

漫画化しても面白そうな感じ。

ただ小説として深みが出た主張が、

「価値観ってのは、一つしかないとそれはもはや価値観ですらないんだ。
 価値観は、いろんな価値観と比べてこそ価値観なんだよ。
 自分の価値観も、別の価値観と比べてみて初めて価値観たるというか、よくわかるんだよな」

というところだったかな。

この主張が根底にあって、それを面白おかしく"妖怪アパート"で、紹介してる感じ。

とても軽くとっつけるんだけど、重たい主張もその根底にあって。

でなくちゃ主人公が、"両親が事故死してしまって、親族の家で居心地の悪い思いをしてる高校一年生"なんて設定、少し重すぎるもんね。


でもそんな重たい主張を気にしなくても、軽い娯楽本として十分楽しい。

なんにもする気がなかった私を、少し救ってくれました。

続きの巻を読むかどうかは、まだ分からないけれど・・・。
スポンサーサイト
line
line

line
プロフィール

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。