上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
少し前の話だが、鳥取で最大震度6弱の地震が起きた。

家が倒壊したり、停電したり、水道が止まったり、ライフラインも停止してとても大変な様子だった。


実は私も震度6弱の地震は体験したことがある。

被害の大きい地域は違う場所だったので全国的にはあまり話題にならなかったが、その場所と地盤がつながっていたらしく、局所的に私の住んでいた所が大揺れになった。


その日は具合が悪くて、もう寝ようと布団の中にいる時間帯だった。

突然家が縦横に揺れ、しかも長く続いた。

とっさの時布団をかぶるという行動もできず、ただ何かにつかまりたくなって、敷布団を強く握りしめていた。←こんなことをしても無意味

自分では意識していなかったが、後で家族から聞いた話によると、私は悲鳴を上げていたそうだ。


揺れが収まると、棚の上にあったものが全部落ちている状態だった。

そこからが大変。

家族は片づけに追われ、私も起きて家の中を見て回ったが、そんなとき思ったのが病人は役に立たないな・・・ということだった。

火事場の馬鹿力のように急にその時だけ体調が良くなり片づけに参加できるなら話は別だが、具合が悪くて家の中がどんな惨状になっていようととにかく早く横になりたかった。


生まれてから体験した中で一番大きな地震だったが、幸いだったのは揺れが局所だったため、停電も水道が止まることもガスが止まることもなかったことだ。

家はあちこち少しずつ壊れたが、住めないほどではなく、翌日から通常の生活を取り戻すことが出来た。

東日本大震災の時は自分もあんな風な被害にあったらどうしようと強い不安を何日も感じていたが、この時の地震では普段の生活を失うことがなかったので、以前のような不安を感じることもなかった。

・・・家が全壊しなかったのが、何よりだったのだろうけど。


東日本大震災以降、日本は地震の活動期に入ったという。

確かに大地震や火山の噴火など近年相次いでいる。

そんな中で疑問に思うのは、どうしてこんなに地震が多い国なのに瓦屋根が発展したのだろうかということだ。

瓦はただ屋根の上に乗せてあるだけなので、地震がくるととにかく崩れ落ちる。

その瓦の落ちて割れる轟音は、家の中の人に大きな恐怖を与え、その後雨もしみ込んでくる。

正直トタン屋根の方が、安くて地震にも強いのに・・・。


重い瓦の家は台風にはよく耐えるというが、日本の歴史の中では地震と台風の被害のどちらが多かったのだろう?

少なくとも私の住んでいる地域では、家屋における被害は台風より地震の方があると思う。

が、瓦屋根の家、多いよなぁ・・・。

見た目が立派だからなのかなぁ・・・。


私が家を建てることはないと思うが、もし建てるようなことになったら、瓦屋根の家だけは絶対に避けたい。
スポンサーサイト
line
近年、筑波大学の井上勲特命教授が不思議な藻類を発見した。

その生物は、葉緑体を持つ個体と持たない個体に分裂する「半藻半獣」で、世界で初めて他の藻類から葉緑体を取り込む性質が見つかった藻類なんだそうだ。

陸上植物の祖先は、この藻類と同じように葉緑体を細胞内に取り込むことで進化を遂げた可能性があるそうだ。

確かに生物の始まりをひもとくと、もとの細胞にミトコンドリアとスピロヘータ(べん毛みたいなバクテリア)が合体した頃までは、動物細胞も植物細胞も分化していない。

その後、酸素を作るシアノバクテリアが細胞内に入って葉緑体になったものが植物細胞へと進化。

それ以外は動物細胞へと進化。

この葉緑体が入ったかどうかが動物と植物の分かれ目なんだから、それを行う生物が見つかったとなるとすごいよね。


で、この教授が発見したんだから、この藻類につけた「ハテナ」という名前も、おそらくこの人が付けたんだと思う。

「半藻半獣」で不思議な生物だから「はてな?」という訳かいな?

生物の面白さもさることながら、この命名も全くもって面白い。

「はてな?」と言われて「それって藻でしょ。」なんて返せる日が来れば、もっと面白そう。

今はまだ知られてないけれど。
line
・・・でも、エアコンは嫌い。

theme : 気ままな主婦日記
genre : 日記

line
例年にない大雪のせいで、今道路がすごい状態になっている。

いくら大雪でも降ったばかりの日は、それでもよかった。

シャーベット状になっているだけで、どこへでも行けた。

でも二日目からがいけなかった。

人や車の通った後の少し解けた雪が夜の寒さで凍りつき、ガタガタの路面なのに表面は氷でつるんつるんになっている。

車で通ってもタイヤが横滑りして、対向車にぶつかりそうな感じになる。

なのでいつもなら二十分ぐらいで行ける距離でも、一時間ぐらいかけて、対向車とお互い譲り合いながらゆっくり走るしかない。

こんな時は外出を控えるのが無難だけど、何日も続くと、さすがにそうも言ってはいられない。

正直、外出が怖いですぅ。
line
極寒の最中、山の中にある小さな池まで行ってきました。

その名も、山の神様の池。

行ってみて、なぜそういう名前なのか少し理解しました。

その池は、ものすごい急斜面に囲まれた場所にあるんです。

三方を崖のような急斜面に囲まれていて、そのまま池の中まで斜面が続き、中に行くほど深くなっているようなすり鉢状の池。

上の林道から見下ろす限りでは、とても綺麗な水をたたえているように見えます。

しかしながら!

あまりにも斜面が急で、その池のほとりに行くまでの獣道が、怖くて進めない!!

その獣道、一方が上からの崖、もう一方が踏み外せば池の中まで必ず転がり落ちるという場所に、細々とつながっているのです。

しかもその獣道の傾斜度自体も、半端なく急。

目の下に神様の池はすぐ見えているのに、落ちそうな恐怖でそばまで行けない。

手の届きそうな距離なのに、結局は行けない。

そんな場所にある池だから、山の神様の池。

つまりは、人間のものではないというような感じ。

冬だから積もった落ち葉の上に雪もあり、上の林道にいてもいつ転げ落ちるか分からないような感覚になり、座り込んでその池を見てきました。


いや、自分が行けるような範囲の場所にあんな所があったなんて、今まで知りませんでした。

とっても怖かったです。
line
line

line
プロフィール

月野

Author:月野
現在、病気療養中の四十代の女性。
最近少し忙しいので、あまり記事も書けないし、コメントの返事も遅くなるかもしれません。
ですが、過去の記事にコメントいただけるのは嬉しいので、歓迎しています。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。